欅坂・平手友梨奈「なかなか素直に表に出せないなにかを表現したい」

ファーストシングル『サイレントマジョリティー』以降、これまで発表された欅坂46のすべてのシングルでセンターを務めているのが平手友梨奈だ。MVやライブでは抜群の存在感を放つ平手だが、もともとは「変わりたい」という想いで、オーディションを受けたという経歴の持ち主。消極的だった少女は、なぜ積極的になれたのか? 2017年12月25日発売の『クイック・ジャパン』vol.135で、平手はこう語っている。

「まったく思ってなかったんですよ。なんでこうなったんだろう……(笑)。でも、やっぱり曲を届けたいって想いでしょうね。もっとできることはいろいろあるなって思うんです。演出とか衣装とかカメラ割りとか。やっぱり欅坂の映像を何度も何度も観てるから『これだと伝わらないかもな』って思ったら言わずにいられないんですよね」

記事全文はこちら

引用元:太田出版ケトルニュース